ホルモン補充療法で体調が劇的に改善 更年期障害対策

更年期

51歳 女性 主婦の更年期体験

私は40代を迎えるまでは本当に元気で、ダンスを習ったり英会話を習ったりとかなりアクティブに生活していたのです。


ところがいざ40代に入り45歳頃になってくるとだんだん今までのように元気に趣味に時間をかけることができないぐらいに疲労感に苛まれるようになりました。


朝も起きるのが苦痛になり夫や子供のお弁当作りをするのも体に鞭打って何とか用意するようになってきたのです。

尋常ではない倦怠感に病院へ行って見たものの血液検査の数値は全て正常値で特に倦怠感や疲労感の原因になる病気は見つかりませんでした。


しかし今思えば、これが私の更年期の症状の始まりだったのです。


45歳を過ぎてからは、今まで全く乱れたことのなかった生理周期が遅れたり、かと思えば予定より早く来たりという状態になり、この時点で更年期の始まりを確信したのです。


自分で更年期障害を意識し始めてからが大変でした。それこそ疲労感や倦怠感だけでなく、偏頭痛や全身の肌の極端な乾燥、顔のほてりなどが次々と押し寄せてきて、常に体調はボロボロで外に買い物に行くことや友人と会うことさえも億劫になってしまったのです。


この時期になると体調不良は、精神的な不安定さまで呼び寄せてしまい、とうとうパニック障害のような精神的な問題まで引き起こすようになってしまったのです。


私の場合はスーパーマーケットの混雑した店内や狭いエレベーターや混雑した電車やバスなどに極端な恐怖心を持ち始め、乗ることができなくなってしまったのです。


この点については心療内科を訪れて相談をしたのですが、明らかに更年期障害の症状の一つのパニック障害であるとの診断を受け、抗不安剤を処方されました。


それと同時に心療内科の先生からは、これだけ強い更年期障害が起きてしまっているので婦人科でホルモン補充療法を行ってもらったほうが良いと強く勧められました。


私としては更年期障害は病気ではなく女性の自然の体のメカニズムなので病院で治療を行うということになぜか抵抗がすごくあったので、そこまでひどい状態になるまでずっと我慢していましたが、やはり普通に生活を送ることが脅かされるほどの不調が続いたのでついに意を決して婦人科を受診しました。


そしてホルモン補充療法として貼り付けるパッチタイプを処方してもらい、すぐに体調が劇的に改善し、以前のようなエネルギッシュな自分に戻ることができました。


私がなかなか病院へ行くことに踏み切れなかったのはホルモン補充療法に対する誤った偏見からくるものでした。


それは発ガン性が高まるというリスクがあるという事だったのですが、最近ではエステロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンを組み合わせる事で発がんの確率を低下させる事が出来るようになったのだそうです。


ですからとても安全な更年期障害治療だと言えるのです。更年期障害の諸症状に悩み始めたら私のように、ひたすら我慢せず早く受診して適切な治療を受けるべきだと強く思っています。



ホットフラッシュ対策|辛い更年期障害の症状を抑えるサプリ

育毛剤を始めるきっかけは同窓会での一言からでしたトップへ